自己資本規制比率

平成30年5月1日

自己資本規制比率の状況 【平成30年3月末現在】

(単位:百万円)
固定化されていない自己資本の額(C)218
リスク相当額(G)73
市場リスク相当額0
取引先リスク相当額21
基礎的リスク相当額52
自己資本規制比率 (C)÷(G)×100297.6%
円単位で算出計算をして百万円未満を切捨て表示しています。
自己資本規制比率とは証券会社の健全性を示す指標です。
証券会社の財務の健全性が保たれ、投資家保護に万全を期すことを目的としてつくられたもので、
この比率が高いほど健全性が高いと言うことができます。

キャンペーン

セミナー

お知らせ

マーケット情報

関連サイト

パートナー

PAGETOP